TEL

交通事故で保険会社との示談交渉① | 習志野市 津田沼駅 奏の杜|いずみ整骨院 津田沼

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故で保険会社との示談交渉①

交通事故で保険会社との示談交渉①

2017.05.12 | Category: 交通事故

みなさん、こんにちは!いずみ整骨院津田沼です。

交通事故に遭ってしまったが、車の修理・自分の体の施術など一通り終わったのでいざ保険会社との示談交渉をするとなったときにここでミスをしてしまい泣く方がたくさんいらっしゃいます。

今回はそうならないためにもいくつか示談交渉についてのお話をしていきます。

交通事故において保険会社と示談交渉する際の心得

保険会社の中には、被害者の無知につけ込んでなかば強引に示談を進めようとする人もいます。あまり多いとは思いたくありませんが、実際に困っている人がいる以上、あなたがそうならないとは限りませんので、そうなった場合に対処できるようにしていきましょう。

示談交渉を始めるのは症状固定や施術が終わってから!

もし示談交渉をするのが自分の加入する保険会社であれば、その辺のタイミングは判っていますので、交渉の時期であれこれ悩む必要はありません。問題はケガを負った場合のタイミングですが、基本は「症状固定」や施術が終わってにからです。慌てて示談をしてしまうと、示談がまとまった後に後遺症が出てしまった時に、その損害は賠償の対象外になってしまうからです。

保険会社の担当者を必要以上に恐れない

加害者側の保険会社の担当は、交通事故での示談のプロということもあり、何を言われるのか不安に思う事もあるかもしれませんが、保険会社が代理を務める時点で賠償金は確保できることは確実ですので、「全く賠償金が支払われないことはありません。」もっと気楽に構えておきましょう。それでも担当者があまりにもダメだと思うときは加害者側の保険会社に言えば変更してくれますので、その時は申請しましょう。

示談交渉の際は冷静さを忘れない

何事においても冷静さは重要です。被害者が怒っている場合というのは、たいてい不安からくるケースが多く、プロの保険会社の担当に「良いように言いくるめられないか?」という不安が常につきまとうものです。
相手は示談のプロですが、こちらが怒りをぶつけたところで状況が好転することは絶対にありません。無駄なパワーをつかって余計なストレスを抱えるだけですので、何を言われても冷静に対処しましょう。

示談の内容に不満があれば絶対に承諾しない

もし保険会社からかなり低い金額を提示されたとしても、その金額で示談に合意してしまった場合、その金額が示談金として認められてしまいます。交通事故の8割は示談での解決ですが、保険会社の示談内容に不満がある場合は安易に同意してはいけません。彼らも営利組織ですので、自社から出て行くお金はできるだけ少なくしたいと思っています。もし、この内容では納得できないと思うのであれば、安易に応じないようにしましょう。示談する前に弁護士を介していけば示談金も跳ね上がります。いずみ整骨院津田沼は交通事故に詳しい弁護士と提携していますので、何かありましたらご相談ください。

万が一後遺症が残ってしまった場合はすぐに症状固定を!

施術を続けても、それ以上良くならないと判断される時期を「症状固定」と言いますが、こうなった場合はほぼ後遺症や後遺障害認定の手続きに移ることになります。なるべくなら後遺症は残さない方がいいのですが、もしなってしまった場合は、速やかに後遺症分の損害賠償も示談交渉に含めるのが得策です。

今回はここまでです、次回も続きを書いていきますね。

交通事故はその方の人生を左右することも少なくありません。

もし交通事故に遭い体が痛くないと思っても必ず病院で検査をしてもらってください。

病院で診断してもらったら施術に関しては交通事故施術をしているいずみ整骨院津田沼で施術していきましょう。

皆さんのご来院をお待ちしています。

弁護士特約 人身傷害保障特約 交通事故専門施術 新患随時受付中!

千葉県習志野市谷津1-17-8

TEL:047-779-1056

奏の杜フォルテ前