TEL

実況見分とは? | 習志野市 津田沼駅 奏の杜|いずみ整骨院 津田沼

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故 > 実況見分とは?

実況見分とは?

2017.05.11 | Category: 交通事故

みなさん、こんにちは!いずみ整骨院津田沼です。

今回は交通事故で警察が行う実況見分についてお話します。

交通事故に遭ったとき、警察官を呼ぶとその事故が人身事故の場合には事故現場で実況見分調書が作成されますが、実況見分調書は、後々の損害賠償請求手続きにおいて重要な意味を持ってくることがあります。

実況見分調書とは?

交通事故が起こったとき、必ず事故現場に警察を呼ばないといけません。軽微な事故だからと言って警察を呼ばないと、道路交通法違反になってしまいます。
また、人身事故の場合だけではなく、交通事故が物損事故の場合でも警察を呼ぶ必要はあります。物損事故だからと言って警察を呼ばないで良いということはなく、呼ばないと罰則もあります。交通事故が起こったとき、事故の相手方から「警察を呼ばないでほしい」と頼まれることがありますが、このような話に乗ってはいけません。
人身事故の場合に警察を事故現場に呼ぶと、実況見分調書が作成されます。
実況見分調書とは、事故後に事故状況を明らかにするため作成する調書のことです。
実況見分調書は、基本的に事故現場の状況や、当事者・目撃者の供述内容に従って作成されます。そこで、事故の被害者も加害者も実況見分に立ち会い、それぞれの主張を述べていくことになります。
なお、物損事故の場合には、実況見分は行われないので実況見分調書は作成されません。

実況見分調書作成の目的

実況見分調書は、交通事故の刑事事件の証拠として利用する目的で作成されます。人身事故の場合、事故の加害者が刑事被告人となって、刑事裁判になる可能性があります。このとき、事故状況がどのようなものであったかを証明しなければならないので、その証拠を残すため、事故直後に実況見分が行われます。
よって、実況見分調書作成の主な目的は、捜査機関が刑事事件で利用するためであり、交通事故の被害者とは直接関係がないものです。

実況見分調書と民事損害賠償の関係

実況見分調書は、被害者による加害者に対する民事損害賠償手続きでも重要な資料となります。
交通事故が起こったとき、事故状況について被害者と加害者の言い分が食い違うことは多いです。事故状況は、特に過失割合の決定の際に重要な判断要素となりますが、このような場合、証拠がなければお互いの主張が平行線になったままになり、解決することができません。裁判をしたとしても、事故状況を証明する資料がない以上、裁判所としても判断が難しくなります。
そこで、事故直後に作成された実況見分調書が役立ちます。実況見分調書は警察が第三者的な立場で専門的に作成した文書であり信用性が高いです。そこで、実況見分調書内に記載されている内容であれば、交通事故の前提事実として捉えても、基本的に問題がないはずと考えられます。そこで、被害者が加害者に民事損害賠償請求をする場面において、実況見分調書は事故状況を証明するための資料として用いられます。
このことは、裏を返せば実況見分調書に自分の不利になる内容の記載があれば、示談交渉や裁判において不利になってしまう可能性が高まることを意味します。
実況見分調書作成の際には、後に有利に示談交渉を運べるよう、予め注意して対応する必要があります。

実況見分調書作成の際の注意点

実況見分調書は、後々の民事損害賠償の場面(示談交渉など)において、交通事故の状況を示す重要な証拠となりますので、実況見分調書作成の際には、自分の不利にならないよう注意深く立ち回る必要があります。
具体的には、以下のようなことに注意しましょう。
実況見分調書を作成する際、まずは自分の主張をしっかりと行うことです。相手に遠慮して適当に相づちを打ってしまったりしていると、いつの間にか事実と異なる内容で実況見分調書が作成されてしまう可能性があります。相手と意見が合わなくても、自分の意見や見聞きした事実をしっかりと警察官に伝えることが重要です。
また、目撃者を探して協力してもらうことも重要です。実況見分調書作成の際、被害者と加害者の主張が食い違うことがありますが、警察官は何らかの事実を特定して記載しなければなりません。あいまいなままでは調書の作成は難しいです。そこで、事故の目撃者がいれば、その人の供述内容に従って、ある程度客観的に実況見分調書を作成してもらうことができます。加害者が自分の有利に手続をすすめるために嘘を言っている場合などには、事故の状況をきちんと見てくれていて、客観的な事実を話してくれる目撃者の存在が重要です。交通事故が起こったら、周囲に目撃者がいないかどうか探して、警察が車で待っておいてもらい、警察の実況見分調書作成に立ち会ってもらうと良いでしょう。

実況見分が終わりましたら今度はご自身の体を施術しなくてはいけません!!

事故直後は体が痛くなくても後々出てくることが多いですので、痛みが無くても必ず病院で検査をして診断をしてもらってください。

そこからの施術に関してはいずみ整骨院津田沼へお任せください!!

交通事故専門の施術や相手側の保険会社とのやり取り何かあった場合の弁護士の紹介など心と体の両方を痛みから取り除くよう努めさせていただきます。

交通事故で何かしらありましたらいずみ整骨院津田沼へお越しください。

皆さんのご来院をお待ちしています。

 

交通事故施術 単独事故 駐車場内での事故 原付事故 新患随時受付中!

千葉県習志野市谷津1-17-8

TEL:047-779-1056

奏の杜フォルテ前