物損事故

≪物損事故なのに痛みや不調が現れたら習志野市・津田沼駅・奏の杜のいずみ整骨院 津田沼の施術をお試しください≫

物損事故は物だけが壊れた事故、つまりケガ人は一人も出なかった交通事故のことをいいますが、事故当時は痛みや不調が無かったはずなのにしばらくして首が痛い、めまいがする、吐き気がするなどの症状が出てくる場合も珍しくはありません。この場合、物損事故扱いされた交通事故の場合でも、警察への届け出や医師からの診断書などがあれば自賠責保険の適応を受けることができる場合もありますので、諦めることなく習志野市・津田沼駅・奏の杜のいずみ整骨院 津田沼までお気軽にご相談ください。ケガや不調への施術も手続きもトータルでサポートいたします。

物損事故での処理をされた後で痛みや不調が現れた場合、人身事故扱いに変えなくても施術費や施術費用を保険会社に負担してもらうこともできます。その場合、怪我は比較的軽症で3か月程度での完治が見込める場合で、もし怪我の施術が長引いてしまいそうな場合は人身事故に切り替えて処理をしてもらう必要があります。また、物損事故扱いのまま予想より施術期間が長くなった場合、慰謝料や休業損害などの支払いを受けることができなくなるケースもありますので、この点は注意をして対処するようにしましょう。習志野市・津田沼駅・奏の杜のいずみ整骨院 津田沼では、国家資格を持ったスタッフが豊富な知識と実績でご対応しておりますので、難しくて面倒な手続きについても安心しておまかせいただけます。物損事故なのに時間が経過してから痛みや不調が現れたなら、まずは習志野市・津田沼駅・奏の杜のいずみ整骨院 津田沼にお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒274-0077 千葉県習志野市谷津1-17-8 SAKビル101
駐車場なし
電話番号047-779-1056
予約電話予約あり
休診日火曜日・第3日曜日